メニュー
外部ページ&リンク


リンク集はこちら 




ただ今、金管楽器・パーカッション急募です!



 この度は吹奏楽団『ゆうすい』HPをご覧頂きましてありがとうございます。

吹奏楽団『ゆうすい』は福岡県久留米市に拠点を持って活動している市民吹奏楽団です。


市民吹奏楽団と言えば、すごく敷居が高く、
吹奏楽団に入団する事を躊躇されてる方
もいらっしゃると思います。


ここから先は、吹奏楽団ゆうすいの走りを少しだけお伝えします。


元々私も大学卒業以来色んな市民バンドに声を掛けて頂いたんですが、
仕事が不規則で、月に2日しか休めないし、
そんな中で吹奏楽団に入れば周りの人に迷惑をかけてしまうこともあったし、
何より吹奏楽の練習を休む事によりついて行けなくなるんじゃないかと思い、
吹奏楽をやりたい気持ちを抑えつつ今日までやってきました。


しかし、高校・大学と、吹奏楽をやってきた私にとって社会人になって11年間、
せっかく学生時代やってきた事を趣味でも良いからやりたいなと言う思いは消えませんでした。


しかしながらブランクが11年あって今から入れる楽団って言うのはなかなかないな。
と言うより、一般の市民バンドに入っていくのが怖かったのかもしれません。

そんな中、吹奏楽の話をしていくうちに、

『子供が小さいから月一回位しか練習できない。』
『仕事が不規則なんで、あまり練習出来ない』
『OBバンドってなんか輪の中に入りにくいよね。』
『吹奏楽はやりたいけどブランクがあって中々みんなと同じように吹けないよね。』

等々私と同じ悩みを持った方々と出会いました。

それならと言う事で、そんな方を集めた吹奏楽団を作ろうと6人の有志が集まり

吹奏楽団『ゆうすい』を立ち上げる事となりました。


創団時からのメンバーの声です。

団員N・Oさんの声
中学から高校まで吹奏楽部でアルトサックスを吹いてましたが、
高校を卒業してからは吹奏楽からはかけ離れた生活を送っていました。

就職してから他の吹奏楽団に所属したりもしましたが、結婚、出産で退団。
それからは楽器を触る事も吹く事もなく、仕事と子育てと家事をこなす日々。

そんな時、今の団長から声をかけてもらったのがきっかけで、
初期メンバーとして「ゆうすい」の団員になりました。

当時、長男が小学校に入学したばかり、娘はまだ3歳でしたが、家族の協力もあり、
吹奏楽を再開する事ができました。

吹奏楽を再開した事で、時間の拘束は多くなったけれど、
自分のための時間が持てるようになり、
生活に張り合いが出て充実した毎日を送ることができています。

なにより吹奏楽が楽しい。

曲が吹けなくて凹む事もあるけれど、私は練習大好きです。

時間は、忙しくても自分でどうにかして作るものだと最近感じています。

また、この3年間の間に多くの人と出会い、一緒に吹奏楽を楽しんできました。

ここでの出逢いは仕事の付き合いでもなく地域の付き合いでもなく、
同じ趣味を持つ仲間との貴重な出逢いだと感じています。

なによりみんな良い人達ばかり。

ゆうすいでの出逢いはこれからの人生の中でも貴重な出逢いになると思っています。

吹奏楽を始めたい又は再開したいと思ってこのホームページを覗いているあなた、
ぜひ一緒に活動してみませんか?



団員 M.Sさんの声

ゆうすいは、私が初めて福岡に移り住んで、イチから知り合いを作ろうと一歩を踏み出す
きっかけとなった楽団でした。

それから、優しく楽しい仲間に囲まれ3年。

今では、私の福岡での日々になくてはならない居場所となってます。

どんな人でも、音楽を、仲間との演奏を心から楽しめる。

ゆうすいはそんな団だと思います♪








はい。大丈夫です。

誰でも初心者の頃はありましたし、団員の約90%が初心者及びブランクがある人ばかりです。

ただ、今いる団員さんは、ゆうすいに入団して凄く努力しています。

最初はまったく音が出なかった、楽譜が読めなかった事でつらい思いもしてきています。

しかし、その先にある楽しみ・・・・一生の楽しみに向かって、限りある時間の中、本気で吹奏楽に向き合ってくれています。


もちろん、最初は分からない事だらけでしょう。

しかし、その一つ一つの経験が後のあなたが楽しむ為の礎になります。

もちろんフォローはしっかりとしますが、最終的に技術を磨くのはあなた自身だという事を忘れないでください。

現在、20歳代から60歳代の方まで、本当に幅広い年代の方、そして、初心者・経験者関係なく一つの音楽に取り組んでます。


更に、久留米市近郊はもとより、福岡市・佐賀県・熊本県からも練習に来てる方もいます。

本当にさまざまな方との交流の中でしっかりと刺激を受けてください。



団員 クラリネット M・Yさんの声

中学以来、28年ぶりに楽器を手にしたほぼ初心者状態の私。

HPの「ブランクがあっても大丈夫」の言葉に、本当に大丈夫??
と不安を抱きつつ見学へ。

皆さん笑顔でとても温かく迎え入れてくださいました。

1年以上HPの団員募集を見ながら迷っていたにもかかわらず、
たった1度の見学で入団を決意。

今は音を出すこと、みんなと合奏することがとても楽しいです。
もちろん、まだわからないことや出来ないことばかりです。
あまりの出来の悪さにへこむこともあります。

でも、練習を重ねて、出来なかったことが少しずつですが出来るようになった時は、
嬉しくて楽しくてもっと練習したいって思います。

早く練習に行きたくて、仕事の効率が上がったとか…そうでもないとか…。

今、ゆうすいの一員になれたことがとても幸せです。

温かい仲間に囲まれて、私も柔らかく温かい音色が出せたらいいな~♪と思っています。

演奏を聴くことはあっても、演奏することってなかなかないですよね。

いま迷っている方、入団して間もない私が言うのもなんですが大丈夫ですよ!

ぜひ一度見学に来てください、一緒に楽しみましょう♪





ただ今、金管楽器・パーカッション急募です。
 




練習は、通常個人練習が毎週水曜日、全体練習を第一、第三土曜日に行っております。

ただ、イベント前や、定期演奏会の際はほぼ毎週の練習になります。

定期演奏会が当楽団の最大のイベントになりますが、一年かけてしっかりと準備していきますので、
定期演奏会を終える時には、
最高の充実感を味わう事が出来るでしょう。

基本的にゆうすいの団員さんは、仕事をしっかりやって、家庭の事、
その他いろんな事情を抱えてらっしゃる方が多いと思います。

中々練習に来れない方もいらっしゃいますが、練習に参加された時はしっかりと練習しています。

定期演奏会の様子

 

吹奏楽団ゆうすいは、良くも悪くも出来たばかりの小さな楽団です。


私が、創団当時に思っていた、

【社会人バンドに入りにくいな】

という気持ちは誰でもあるのではないでしょうか?



ゆうすいは、既存のOBバンドでも歴史ある凄腕バンドでもありません。

メンバーも、ほぼホームページやフリーペーパーなどを見て来てくれた人ばかりです。

ただ、それでも色んな不安があると思います。

そこで、


●定期レクレーションを開催
●団員専用SNSの充実
 
こういう形で、
練習に参加できる人も中々練習に参加できない人も情報を共有したりつながりが持てたりと、
新しく入団される方にとってもなるべく参加しやすいように団員全員でフォローしています。

団員 M・Hさんの声

私は、中学・高校の6年間吹奏楽部に所属し、クラリネットを担当していました。
高校卒業後は大学でも社会人になってもまったく楽器には触れておらず、まさか吹奏楽を再びすることになるなんて思ってもいませんでした。
そんな私が「ゆうすい」に入ることになったのは、もともと友達2人が先に入団していて、その友達に「クラリネットが少ないから、吹きに来て!」と誘われたのがきっかけでした。

「いやいや、吹きに来てって簡単に言われてもブランク13年もあるし、ムリでしょー!」と思いましたが、心のどこかで楽器を続けている友達がうらやましくもあり、私もまた楽器吹きたいな~と思っていたので、とりあえず見学に行くことを決意。
そして見学へ行く前に団長さんのご厚意で、楽器を持っていない私に団所有のクラリネットを貸していただけることになりました。
おうちでコソ練をしてみるも、完全に運指忘れてました(^^; 音もこれクラリネットなの!?と疑いたくなるような音が出ました。
それでもやっぱり楽器を吹く楽しさがこみ上げてきました!

そして見学当日。

みなさんに温かく迎えていただき、私のようなブランクがあった方もたくさんいらっしゃいました。

それにすごく楽しい雰囲気でしたので、ここなら私もがんばれるかも!と入団を決意しました。

最初は仕事等の都合で練習にあまり参加できませんでしたが、今は少しでも多く練習してもっと上手くなりたい!という思いがあるので、仕事もなんとか終わらせできるだけ練習に参加できるように頑張っています!

私だけではなく、団員みなさんのもっと上手くなりたい!という気持ちが伝わってきて、すごく良い雰囲気で練習できています。

今、入団を迷われてる方は、ぜひぜひ一度見学に来ていただければ、と思います(^^)
きっと「ゆうすい」の雰囲気の良さ、楽器を吹く楽しさが伝わってくると思います♪

団員 A・K(♂)独身さんの声

職業会社員(管理職)、楽器 トロンボーン

2011年10月入団

中学から大学まで吹奏楽部でトロンボーンを吹いていました。
その後10数年のブランクを経てゆうすいに入団しました。

それまで横浜在住の東京勤め、くる日もくる日も満員電車に乗って通勤、
典型的な首都圏サラリーマンで仕事のみの日々でした。

学生時代に青春を捧げた吹奏楽の事を忘れる事はありませんでしたが、もう再び自宅で
ホコリをかぶってたトロンボーンを自ら吹くことはないだろうなと思っていました。

東京から久留米への転勤がきっかけでした。
縁もゆかりもない久留米の地で、仕事だけではなく何かを始めたい、仲間を作りたいと
考えた時に思い付いたのが市民吹奏楽団に入ってトロンボーンをやり直す事でした。

楽団探しは久留米に引っ越してきてすぐにインターネットで行いました。
自分の場合最初にヒットした久留米の吹奏楽団がゆうすいでした。

ゆうすいのホームページには、団長自身の言葉で団長の吹奏楽の経歴やゆうすいを
立ち上げた経緯が載っていました。

一番目を引いたのは、団長自身が大学卒業後吹奏楽のブランクを経て
ゆうすいを立ち上げた、というくだりでした。

10数年のブランクで全く音が出せる自信がなかった自分は、
ここなら最初に全く吹けなくても許してくれるかな?
という思いで他の楽団を調べる事なく即決で見学希望のメールを出しました。

楽器を持って見学に行き、その日から合奏にも参加させてもらいました。

泣きたくなるくらい音は出ませんでしたが、
合奏に入って演奏する事の楽しさはすぐに思い出しました。

その場でゆうすいに入団することに決めました。

団員さんはみな気さくに話しかけてくれて、すぐに打ち解けることも出来ました
(と自分では勝手に思ってます笑)徐々にですが音も出るようになり、
入団してすぐにあった第一回定期演奏会の本番にも立たせてもらいました。

転勤等で久留米やその周辺に引っ越して来られた方や長いブランクで楽器を
やり直す機会を逸している方は是非ゆうすいを覗いてみてください。

同じような境遇の団員がたくさん、それぞれのペースでそれぞれの目標を持って
真剣に音楽に取り組み、仲間とのコミュニケーションを楽しんでいます。

歴史が浅くなおかつ特定の母体も有さない吹奏楽団です。

入団したその日からフラットに団の方向性や歴史そのものを作っていく
仲間の一人として参加する事ができます。

自分はゆうすいに入団して本当によかったと思っています。

以上


ただ今、金管楽器・パーカッション急募です。
 
何を始めるにも、最初の一歩はすごく勇気のいる事ですし、
新しい事を始める事はとても労力を要する事です。

ただ、一歩を踏み出すことで、新しい世界が待っています。

もちろん楽しい事ばかりじゃなく、苦しい事も多々あるかもしれません。

吹奏楽団ゆうすいの仲間と一緒に、楽しい事も、苦しい事も、共有していきましょう。

あなたのご入団をお待ちしております。



団員 A・Uさんの声
私はゆうすい入団3年目で吹奏楽歴は中高学生の時に部活でやってて
ブランクは6.7年ほどあったと思います。

入団する前はブランクもあるし、仕事もある、自分の時間だって欲しいと思っていたので、
社会人になって吹奏楽をやることは「まず無い」と思っていました。

ですがどういうわけか、縁あってゆうすいで吹奏楽をやらせていただいてます。

仕事もあります。自分の時間も欲しいです。ブランクもあります。
はっきり言ってヘタです(>_<)

でも、「まず無い」と思っていた吹奏楽をやる機会がここにきてやってきたのも
何かの縁だと3年続けております。

何かの縁で始めて続けている吹奏楽で出会う人達は、
吹奏楽をやらなきゃ出会えなかった人ばかりです。

仕事を早く終わらせて、自分の時間をどこかで作って、ブランクを無視して
縁あって出会った人達と「まず無い」と思っていた吹奏楽を楽しむのが
今は「あり」な生活になってます(*^_^*)

ここに辿りついてこれを読まれたのも何かの縁かもしれません。

そんなあなたとお会いできるのを楽しみにしています(^v^)




団員 E・Kさんの声

こんにちわ。ゆうすい団員歴1年半の自称中堅団員K・Eです。

『仕事と家の往復の毎日に何かしたい!!やるなら吹奏楽』と思い、楽団を探していた、そんな時に出会ったのがゆうすいでした。

OBバンドでもなく、年齢も経歴もばらばらそして何より1番の魅力が、「月2回の練習」と「できて間もない」です。

昔からの人がいて、がっつり練習のある楽団に入る自信のなかった私は思わず食いつき、迷った末に見学へ、そして今に至ってます。

最初は、月2回参加すればいいやって思ってましたが、いつの間か練習に行く事が楽しくなり、もっと楽器を吹きたくて、毎週参加するようになってました。

吹けない事も多々あり、凹むこともありますが、やっぱり吹奏楽が好きで、なによりゆうすいメンバーとの演奏が楽しいです。

もし、このページを見て迷っていたら、是非見学に来てみて下さい。

迷うならそれからでも遅くありません!ゆうすい団員一同、大歓迎致します!



 
ただ今、金管楽器・パーカッション急募です。



追伸

ここまで、ゆうすい団員募集ページを読んでいただき本当にありがとうございます。

私たち吹奏楽団ゆうすいは、技術的にも人間的にも未熟です。

ただ、みんなで吹奏楽を楽しみたいと言う純粋な気持ちの元集まったメンバーです。

音は粗削りかもしれませんし、高いレベルでやりたい方の取っては物足りないバンドかもしれません。


しかし、一人ひとりの音は小さくても、団員全員で一つの音楽が出来た時に、
本当に吹奏楽をやってて良かったと思える様なバンドを目指していきますので、
その一員になっていただけると嬉しいです。

最後まで読んでいただき本当にありがとうございました。

募集要項  『18歳以上であること。』
(18歳未満の方は保護者の同意が必要です。)
『月2回の練習に参加できること。』
 募集規定 無し
 練習日  各月第1、第3土曜日全体練習
(ただし、演奏会前は別途練習あり!)
毎週水曜日個人練習(任意参加)
 練習時間  18:00より22:00まで
 練習場所 えーるピア久留米
石橋文化センター小ホール
勤労青少年ホーム(音楽室)
筑邦市民センター
荒木コミュニティーセンター
(練習日程を参照してください)
 入団金  ¥0
 団費  \2,000/月
ホームページ
アドレス
 http://s-yusui.com


         
   ●日程  ●定期演奏会特設ページ  ●団員専用  
   ●団体・団員紹介  ●定期演奏会広告  ●お問い合わせ  
   ●活動記録  ●リンク集    
   ●団員募集  ●fecebookページ  ●TOPページ  
         
Copyright 2009 吹奏楽団ゆうすい All Rights Reserved.